タバコの害は想像以上に多くてビックリするという事実

タバコが身体に悪いのは物心付いている人なら誰でも知っている事実だと思います。

でも具体的なタバコの害を知っている人は少ないのでは?と思います。

「肺がんになる」
「喉を痛める」
「体力が無くなる」

などがよく言われているタバコの害です。

このページでは具体的なタバコが身体にどのように有害なのか見ていきましょう。

タバコの煙に含まれる有害物質は何種類?

何気なくゆらゆら揺れているタバコの煙にはなんと200種類以上の有害物質が含まれています。

化学物質は約4000種類も含まれており,有名な有害物質といえばニコチンやタール・アンモニア・一酸化炭素などでしょう。

更に言えばナフタリンやヒ素・ブタン・クレゾールなどなど…

これだけ有害物質が含まれているのなら人間が浴びれば即病気になってしまいそうですがなかなか強く作られているのですね。

虫を駆除するための殺虫剤成分も含まれているのもビックリする事実です。

発ガン物質は何種類?

タバコには発ガン物質が50種類以上含まれています。

タール・ニトロメタン・ベリリウム・クロロエチレン・カドミウム・ダイオキシン・アセトアルデヒト・フラン・ベンゼンなどなど…

改めてこんなにも含まれているという事実を知るとよく1本でも吸って癌にならないなと思いますよね。

人間は強いものです。

ニコチンの具体的な害は?

タバコの代表的な有害物質にニコチンがあります。

ニコチン中毒と言われるように依存症を生む有害物質です。

この成分を摂取することにより脳内のドーパミンが分泌され快楽と満足感に満たされ少し興奮状態に陥ります。

このニコチンは長続きせず30分程度でまた身体から抜けていってしまうので再びタバコを欲してしまうのです。

身体が欲している時に我慢することによってイライラや不快感が生まれ,禁煙時に不機嫌になってしまう人が多いのです。

タールの具体的な害は?

タールは目に見える黄色い汚れとして認識されます。

タバコを吸っている人の歯が黄色いのを見た事がある人も多いと思います。

また部屋の白い壁は半年も経てば黄色くなりその汚れはなかなか落ちないのです。

タールはただ汚れを発生させるだけでなく発ガン物質も多く含まれています。

一酸化炭素の害は?

一酸化炭素は呼吸によって体内に入った酸素がヘモグロビンと結びつくのを邪魔する働きがあります。

一酸化炭素の方がヘモグロビンと200倍以上結びつきやすい性質を持っており酸素は全身に行き渡る事ができず酸欠状態になってしまうのです。

酸欠によって脳や身体の各部位に酸素が行き渡らないのは容易に有害だと思えますね。

禁煙するなら便利な時代

タバコはこれだけの害がありますが実際に禁煙に踏み切れる人は少ないのが現状です。

なぜならニコチンが邪魔をしてくるからです。

そこで口寂しさを埋めるために電子タバコを禁煙補助として取り入れる人も多いです。

[最新]2018年電子タバコおすすめランキング(親友ver)というブログ記事では電子タバコをランキング形式で紹介してくれています。

参考までに見てみるのも良いでしょう。

タバコは有害なのは当たり前。今回は具体的な害の種類を紹介しました。